ニュース - 2018.12.11

BSA、Twilioが新たにグローバル・メンバーに参加

【2018年12月3日(現地時間) – 米国ワシントンDC発】 BSA | The Software Alliance(本部:ワシントンDC、以下BSA)は、Twilioが新たにBSAのグローバル・メンバーに加盟したことを発表しました。Twilioのゼネラルカウンセルであるカリン・スミス(Karyn Smith)氏はBSAのボードメンバーに参加します。
サンフランシスコに本社を置くTwilioは2008年に設立され、中小企業から世界最大級の多国籍企業に至るまで数万におよぶ組織が様々なコミュニケーション手段をビジネスに利用できるように支援しています。世界の通信インフラを仮想化するTwilioのソフトウェアプラットフォームにより、金融サービス、製造、小売など様々な業界の企業は、音声、メッセージング、ビデオを使用して顧客とのエンゲージメントを変革することが可能になります。
BSAのプレジデント兼最高経営責任者のビクトリアA.エスピネルは次のように述べています。「TwilioがBSAに加わったことを心から歓迎します。今や世界経済のあらゆるセクターでソフトウェアが利用されています。交通、金融、サイバーセキュリティ、その他の業界で使用されているTwilioのコミュニケーションツールはソフトウェアの多大なる利点の代表例です。Twilioと協働して、データのプライバシー、セキュリティ、人工知能など、ソフトウェアに与える諸問題について世界中の政府と議論できることを心待ちにしています」 

BSAの2018年のポリシーの優先順位の詳細(英語)については、こちらをご覧ください。

 
 

【BSA | The Software Allianceについて】
BSA | The Software Alliance (BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス)は、政府やグローバル市場において、世界のソフトウェア産業を代表する主唱者です。BSAの会員は世界で最もイノベーティブな企業で構成されており、経済を活性化させ、現代生活を向上させるソフトウェア・ソリューションを創造しています。ワシントンDCに本部を置き、60カ国以上で活動するBSAは、正規ソフトウェアの使用を促進するコンプライアンス・プログラムを先導し、技術革新の推進とデジタル経済の成長を促す公共政策を提唱しています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

ホームページ : http://bsa.or.jp/
Twitter公式アカウント: https://twitter.com/BSA_100/
Facebook公式ページ: https://www.facebook.com/BSATheSoftwareAllianceJapan/

報道関係者連絡先
 

BSA日本担当PR事務局
(MSLGROUP内)
bsa.jp@msljapan.com


過去のニュース