ニュース - 2018.07.31

BSA、新たにCadenceとPTCの2社がメンバーとして参加

【2018年7月26日(現地時間) – 米国ワシントンDC発】 BSA | The Software Alliance(本部:ワシントンDC、以下BSA)は、CadenceとPTCの2社が新たにBSAのグローバル・メンバーに加盟したことを発表しました。なお、PTCはこれまで、BSAリージョナル・メンバーでした。

BSAのプレジデント兼最高経営責任者のビクトリアA.エスピネルは次のように述べています。「CadenceとPTCが新たにグローバル・メンバーに加わったことを非常に嬉しく思います。人工知能サイバーセキュリティ越境データ移転が、世界中のすべての経済のあらゆる産業に利益を与え続けることを踏まえ、政府は新興テクノロジーの発展に寄与する、責任ある政策を導入するべきです。CadenceとPTCが持つグローバルな専門知識は、そうした議論をサポートし、デジタル経済の成功に貢献することでしょう」

Cadenceは、電子システムおよび半導体企業向けソフトウェア、ハードウェア、IP開発企業です。モバイル、コンシューマー、クラウドデータセンターのほか、自動車、航空機、IoT、工業等の市場に、チップからシステム基盤に至るまで、あらゆる製品を提供しています。1988年に設立されたCadenceはカリフォルニア州サンノゼに拠点を置き、世界50カ所以上にオフィスを構えています。Cadenceのシニアバイスプレジデント、ゼネラルカウンセル兼セクレタリーであるジム・コウィー(Jim Cowie)氏は、BSAの取締役に加わる予定です。

PTCは、企業によるお客様サービスの設計・製造・運営・提供をサポートする、コンピュータ―支援設計(CAD)ソフトウェア、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェア、IoTおよび拡張現実プラットフォームやソリューションを開発しています。1985年に設立されたPTCはマサチューセッツ州ボストン郊外に拠点を置き、30カ国以上の国に構えるオフィスから、約28,000社の顧客にデジタルトランスフォーメーションサービスを提供しています。

BSAの2018年のポリシーの優先順位の詳細(英語)については、こちらをご覧ください。

 
 

【BSA | The Software Allianceについて】
BSA | The Software Alliance (BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス)は、政府やグローバル市場において、世界のソフトウェア産業を代表する主唱者です。BSAの会員は世界で最もイノベーティブな企業で構成されており、経済を活性化させ、現代生活を向上させるソフトウェア・ソリューションを創造しています。ワシントンDCに本部を置き、60カ国以上で活動するBSAは、正規ソフトウェアの使用を促進するコンプライアンス・プログラムを先導し、技術革新の推進とデジタル経済の成長を促す公共政策を提唱しています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

ホームページ : http://bsa.or.jp/
Twitter公式アカウント: https://twitter.com/BSA_100/
Facebook公式ページ: https://www.facebook.com/BSATheSoftwareAllianceJapan/

報道関係者連絡先
 

BSA日本担当PR事務局
(MSLGROUP内)
bsa.jp@msljapan.com


過去のニュース