知的財産とイノベーション

知的財産、創造力、イノベーション

知的財産を保護し、イノベーションを促進する

IP and Innovation

知的財産は、技術イノベーションと経済競争力の重要な原動力となります。また、イノベーターに対し、顧客や消費者の利益のために研究や製品開発に投資することを促す、ソフトウェアビジネスの根幹でもあります。

BSAは以下の信念を持っています。

  • 特許権、著作権、商標権、その他の知的財産権は、包括的で法的強制力を持っている必要がある。
  • 貿易パートナーは、地域産業の振興や国際競争を逃れるために知的財産権を利用するべきではない。
  • 企業は、不公正な競争優位を生み出すために、ライセンス供与(特に特許に関するもの)を使用してはならない。

 

必要とされる具体的な政策的措置:

 

知的財産の権利保護支援の強化

  • 二国間、多国間、そして地域間の貿易会議を通して、ブラジル、ロシア、インド、中国など、情報技術が急成長している市場におけるソフトウェア知的財産の侵害に対抗する取り組みを行う。
  • 国内および国際的に著作権法および商標法を積極的に施行するため、十分なリソースを投入し捜査機関への研修を実施する。
  • 捜査機関が知的財産に関する犯罪に迅速かつ効果的に対応できるようにするため、世界の政府間での協力を強化する。
  • 各国の政府が知的財産犯罪を調査する専門知識を持った知的財産権エンフォースメント・ユニットを創設するよう奨励する。

 

ソフトウェア・ライセンシング

  • ソフトウェア企業が、価格、数量、譲渡可能性、その他の考慮事項を折り込んだ製品ライセンスを顧客に提供することができる法原則を支持する。

 

ソフトウェア特許

  • その他の業界での発明と同じように、ソフトウェア分野における発明に関しても特許が取得できることを確実にする。
  • 消費者によるIT製品やサービスの利用を不可能にする市場排除命令以外の救済方法がない法廷で、標準必須特許をめぐる紛争が係争されないようにする。

 

インターネットの自由

  • 知的財産の堅牢な保護なしには、オープンで自由なインターネットが存在できないことを確認する。

 

技術の中立性

  • 特定の技術、システムアーキテクチャ、またはビジネスモデルを他のものよりも優遇し、政府調達に影響する技術規制につながる法令その他の政策に反対する。

 

国民の意識向上

  • 知的財産権が、イノベーションの促進、雇用の創造、賃金の上昇において果たしている役割について教育啓発する。
BSAについて
 

BSA | The Software Alliance (BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス)は、政府やグローバル市場において、世界のソフトウェア産業を代表する主唱者です。BSAの会員は世界で最もイノベーティブな企業で構成されており、経済を活性化させ、現代生活を向上させるソフトウェア・ソリューションを創造しています。

すべて読む
メンバーシップ

BSAは、テクノロジーに根ざした業界として国際的に活動する唯一の団体で、世界十数カ国にオフィスとスタッフを配置し、積極的に活動しています。そのため、BSA加盟企業は、世界、地域、国単位で、不正使用対策およびアドボカシー・プログラムのメリットを享受することができます。

すべて読む