ビクトリア A. エスピネル

Victoria A. Espinel

ビクトリア A. エスピネルは、BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンスのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)であり、技術革新、グローバル市場、公共政策が交差する分野において尊敬を集めるオーソリティです。世界におけるBSAの10の事務所を通し、60カ国のテクノロジー状況を方向づける戦略的取り組みを先導しています。現職就任前は、共和党と民主党の両政権下で十年ほどホワイトハウスに勤務しました。

エスピネルは初代知的財産執行調整官 (Intellectual Property Enforcement Coordinator)として、極めて重要な知的財産課題についてオバマ大統領に助言し、米国通商部(USTR)の初の知的財産・イノベーション担当代表補として、当課題の米交渉官を務めました。また、ジョージ・メイソン大学ロースクールにおいても、国際貿易と知的財産の教授として教鞭を執りましした。

エスピネルは科学・テクノロジー・工学・数学分野のキャリアを目指す若い女性を支援する「Girls Who Code」のワシントンDCにおける夏期集中プログラムに創設時から現在まで継続して協賛しています。ソフトウェアを使って人々が実現できる素晴らしいことを可視化するために、世界中の会議の場で発言し、ソフトウェアの飛躍的躍進をさらに可能にする政策環境を支援するよう産業界、政府、そして、市民にむけて働きかけています。また、世界経済フォーラムのソフトウェアと社会の未来を考えるグローバル・アジェンダ・カウンシルの議長も務め、オバマ大統領の指名を受け、国際貿易に関する米国政府の主要諮問団である「大統領通商政策・交渉諮問委員会(ACTPN)」での任務にもあたっています。

エスピネルは、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで法学修士(LLM)、ジョージタウン大学ロースクールで法務博士(JD)、ジョージタウン大学国際関係学部で国際関係学学士をそれぞれ取得しています。

BSAについて
 

BSAは、グローバル市場において世界のソフトウェア産業を牽引する業界団体です。BSAの加盟企業は世界中で最もイノベーティブな企業を中心に構成されており、経済の活性化とより良い現代社会を築くためのソフトウェア・ソリューションの創造に年間数千億円もの投資を行っています。

すべて読む
メンバーシップ

BSAは、テクノロジーに根ざした業界として国際的に活動する唯一の団体で、世界十数カ国にオフィスとスタッフを配置し、積極的に活動しています。そのため、BSA加盟企業は、世界、地域、国単位で、不正使用対策およびアドボカシー・プログラムのメリットを享受することができます。

すべて読む