ハー・マクニール

Ha McNeill

ハー・マクニールはBSA|ザ・ソフトウェア・アライアンスの最高業務執行責任者(チーフ・オペレーティング・オフィサー/COO)であり、BSAの戦略的方向性を前進させるための対策、運営、計画の企画・実施を支援し、組織における収益創出活動の全てをCOOとして管理しています。

前職ではマクニールは米国運輸保安庁(TSA)で参謀長を務め、庁内のセキュリティと人員・労務に関する全てについてTSAの行政官に助言する主要アドバイザーとして、戦略、政策協調、イノベーション、政務、立法を担当する局を主導しました。

マクニールは行政と安全保障において十年以上の経験を有し、貿易、知的財産、サプライチェーン、運輸保安、業務用無人航空機、研究開発等に関わる政府全体の政策を推進させてきました。ホワイトハウスでの二回にわたる任期では、最初は知的財産執行調整室、その後、国家安全保障会議で勤務しました。マクニールは海外の協力者や世界組織と緊密に協力し、セキュリティ上の共通の関心を前進させることに成功しました。

マクニールは以前、BSA|ザ・ソフトウェア・アライアンスのオペレーション担当バイス・プレジデントとチーフ・オブ・スタッフを務めました。

カナダのモントリオール出身で、ハーバード大学のジョン・F.ケネディ・スクール・オブ・ガバメントで公共政策の修士号、カリフォルニア大学アーバイン校で国際関係論と音楽で学士を取得しています。

BSAについて
 

BSA | The Software Alliance (BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス)は、政府やグローバル市場において、世界のソフトウェア産業を代表する主唱者です。BSAの会員は世界で最もイノベーティブな企業で構成されており、経済を活性化させ、現代生活を向上させるソフトウェア・ソリューションを創造しています。

すべて読む
メンバーシップ

BSAは、テクノロジーに根ざした業界として国際的に活動する唯一の団体で、世界十数カ国にオフィスとスタッフを配置し、積極的に活動しています。そのため、BSA加盟企業は、世界、地域、国単位で、不正使用対策およびポリシー・プログラムのメリットを享受することができます。

すべて読む