スコット・ヴァン・ホーブ

Scott Van Hove

スコット・ヴァン・ホーブは、BSAの財務、人事、測定などの管理業務を監督しています。また、ヨーロッパにおける事業活動を担当し、アジア・プログラムを支援しています。1987年から1998年まで、かつてワシントンDCに拠点を置き、フォーチュン500で上場企業のManor Care, Inc.に勤務し、最終的にはオペレーション担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めました。その前職では、ワシントンDCで法律事務所およびアーサー・アンダーセンに勤務。オーガスタナ大学を優等で卒業した後、サウスダコタ大学ロースクールを優秀な成績で卒業し、法学の学位を取得しました。コロンビア特別区弁護士協会およびワシントンDC公認会計士協会の会員です。

BSAについて
 

BSA | The Software Alliance (BSA | ザ・ソフトウェア・アライアンス)は、政府やグローバル市場において、世界のソフトウェア産業を代表する主唱者です。BSAの会員は世界で最もイノベーティブな企業で構成されており、経済を活性化させ、現代生活を向上させるソフトウェア・ソリューションを創造しています。

すべて読む
メンバーシップ

BSAは、テクノロジーに根ざした業界として国際的に活動する唯一の団体で、世界十数カ国にオフィスとスタッフを配置し、積極的に活動しています。そのため、BSA加盟企業は、世界、地域、国単位で、不正使用対策およびアドボカシー・プログラムのメリットを享受することができます。

すべて読む